釣船第八恵祐丸


釣船第八恵祐丸

オホーツク海サロマ湖沖
2017年6月18日
この日はなんと二隻合同の大タラ釣り大会です!
今回はスポンサー付きの大大会!

釣り具の総合問屋 アイビック
坂本ホーマ フロス店
ジグの専門メーカー カムイのフジワラ

以上が協賛してくださり、参加者の皆さんも本気で戦わざるを得ません。
翔栄丸と恵祐丸で同時にタラ釣りをして
最大の数と大きさのタラを釣り上げた釣り師が優勝です。
あらかじめ目を付けていたポイントに到着。
結果は写真を見てくださればおわかりでしょう。
こぞって大物を釣り上げては釣り上げて、釣った数を競うような大乱戦となりました。





戦いを制したのは…
恵祐丸側に乗った近藤さんとなりました!
最初から飛ばしに飛ばして、
カムイの赤金とピンクを使い分けて実に49本ものタラを釣り上げました。
合計で101.2sにもなる大戦果です!
近藤さんには優勝トロフィーが贈られ
さらにフジワラから ジグ5本セットが送られました!

前回優勝した岩村さんはカムイの赤金で48本を釣り上げて準優勝です。
合計98.3sで100sの大台まであと少しのこちらも大戦果!
アイビック賞として クーラーボックス、さらにサロマ産ホタテが贈られました。

三位の山本さんは赤金と黄色を使い分けて84sを越える量を釣り上げました。
今野さんはアワビ一つで通して84sちょうどで第四位
それぞれに新鮮なホタテ貝のセットが贈られました。

また参加者全員にアイビックから参加賞が贈られました。

大物賞には昨年に引き続き渡部修一さんが栄冠に輝きました

坂本ホーマ フロス賞 に輝いたタラの重さは実に7.48s!
素晴らしい大きさに渡部さんも笑顔です。
大会に参加してくださった皆さん本当にありがとうございました!
今回協賛していただいた
アイビック様、坂本ホーマ フロス店様、フジワラ様、
大変お世話ありがとうございます。




2017年6月13日
底網み漁に出発。
風が強く海が凪ぎるまでいったん港で待機しましたが
何とか船を出すことが出来ました。
この日は大量のタラとコマイが網に流れ込み
船がずっしりと重たくなって悠々と港に帰ってきました。
とにかく大きなタラがたっぷりと網に入っています。
タラ釣りの大チャンスと見て釣り大会を開催することになりました。


ホッケもかなりかかったために
大物のホッケに活締めを施して札幌中央市場に送りました。
オホーツク海のホッケがまた盛り上がってくれる日が来るといいのですが
資源との兼ね合いもありなかなか難しいところです。



2017年6月5日
恵祐丸の底網漁が本格的に始まりました。
今年2回目、網を起こしてみると
タラ・コマイ・ホッケが山のようにかかりました。
ホッケは近年の不漁のために一度も類を見ない高値が付き驚きを隠せません。
活締めされたホッケやシマゾイは札幌に出荷され高値で取引されました。



2017年の5月はカレイがこれまでにないほど良く釣れました。
これだけ釣れたのは何年かぶりです。
今年のカレイ豊漁を予感させてくれる嬉しい掛かり具合です。








アオゾイが釣れたと言う情報が入ったのでアオゾイ狙いで船を出してみました。
大型で1s越えの個体が8本もかかったのには驚きでした。
この日に上がったアオゾイは北見の居酒屋に卸されました。
アオゾイも徐々に沖から海岸に移動している様子がうかがえます。
またいずれ挑戦しましょう!



2017年4月7日
今年3月15日から始まったニシン漁は、一進一退を繰り返していました。
今日はまとまった数の成果がありました。
サロマ湖の氷が砕氷船に砕かれ、一気にとけて流れ出したため
ニシンたちも一緒に海に飛び出したのだと思われます。

日本海のニシン漁が終盤を迎えたことで、
札幌の市場にはニシンが少なくなっていると言うことで
今日はニシンの活締めを出荷しました。







恵祐丸の水槽で飼っていた通称『ベロベロ』と言う魚を海に放流しました。
ベロベロが産卵し、それによってどうやらメスが死んでしまったようなのです。
−1℃の水温に保っていたのですが、この水温で産卵することは普通はまずありません。
非常に珍しいことで驚きました。
この状態のまま飼い続けてさらに産卵を続けてしまうとかわいそうですので
海に帰すことにしたのです。
産卵には驚いたものの、恵祐丸の水槽で数ヶ月以上飼い続けられることもわかったので、
大洗の水族館に送るめども立ちました。
放流の際は我が家の飼い犬ハナも見送りました。
元気な卵を産んでくれるといいですね。




2月に入り、北見市の居酒屋『ほたる家』では
恵祐丸の活締めされたクロガシラが好評を得ています。
2月10日札幌市場ではさっぽろ雪祭りが開催されている影響もあり、
恵祐丸のクロガシラも高値が付きました。
北見のほたる家では昨年9月から11月まで活フグを扱ってもらっていました。
フグは温暖域に生息する魚ですので18度を超える水温を好みます。
しかし恵祐丸では工夫をし水温4度までフグを生かしたまま活魚で出荷していました。
12月になってからも漁師の方であらかじめ活締めを施したフグを
味に支障がないよう業務用の冷凍庫で凍らせておいたものを卸していますので
美味しさはそのまま2月になっても美味しい活締めフグが味わえます。
北見にお越しの際はほたる家で一杯というのはいかがでしょうか。


サロマ湖のチカ釣りが猛烈な入れ食い状態です。
1月30日から2月1日まで、釣れば釣るだけ釣れる日が続きました。
シブシ湾に押し寄せたチカの群によって、一人600匹ものチカを釣り上げることになりました。
隠れた穴場として知られるこの場所は、これまで今年に入って気がつかなかったこともあり、
この1月終わりのごく短い間にここに偶然来た釣り人は幸運でした。
2月3日は10名ほどの釣り人でしたが、釣れた人でも300匹ほど、平均では100匹ほど、
少し収まった感じがします。
この場所は計呂地川とシブシ川の合流する地点で、
流れの緩やかなこともあり比較的柔らかい底質の泥が積もっているので、
魚が集まりやすい場所ではありました。
大潮と時化の影響でここに魚が集まったものと思われます。
次に大潮が来た際は狙い目かも知れませんね。

オホーツク海の流氷が常呂港に接岸しました。
このことによって海岸の気温も下がり、非常に冷え込む日が続いています。
しばらくの間冷蔵庫に入ったような状況が続くでしょう。
流氷が長くいるほどプランクトンの量が増える相関がありますので、
今年は大漁になることを期待しています。






2月1日、恵祐丸の湯通しガキの在庫が終了しました。
地元北見の名店居酒屋、「治助」を始め、
「木の家」、「たなか家」にテスト販売されました。
好評のうちに売り切れてくれてなによりです。
全国的にカキのブランド化が注目される時代ですが、
オイスターバーチェーン全国最大手のゼネラル・オイスターが
平成28年に東京で開催した人気カキ産地投票において、
サロマ湖産のカキが第一位となりました。
カキは美肌効果に良く、免疫力を上げ、新陳代謝を促進するという効果があります。
平成29年は良質のプランクトンでもあるスケルトネマやキートケロスをたくさん食べた、
栄養豊富な湯通しカキを作るつもりです。
10月後半にご期待ください。

最後のカキということで、釣りに来てくれる皆さんに、
カキを配ってきました。
今年も恵祐丸をごひいきに。



リクエストにお応えして、今年の山漬けは20本ほどを作成しました。
昨年の10月、網走沖で一本釣りされたサケが原料です。
山漬けされ冷凍庫で熟成されていました。
1月、寒風干しをし、10日ほど寒風にさらしたサケは
ほどよく塩分と水分が飛んで、ぎゅっと旨味が凝縮され
外気温は−5℃。山漬けの加工に最適の気温が続いてくれました。
切り身にして真空パック加工を施し、今年も改心の出来となって満足です。
夕食にはもちろん試食として山漬け料理が出ました。
近所の方々にも少しお裾分けさせていただきました。
恵祐丸の山漬けはネットでも好評を博しています。
皆さんも鮭の山漬けに一度挑戦してみると面白いかも知れませんよ。



大げさに言うと、恵祐丸の水産加工場の建設準備が進んでいます。
1月28日は土壌の入れ替え作業が行われました。
加工される予定の魚は、
オホーツク海から一本釣りで釣り上げられる全ての魚が対象です。
すでに活締めされたタラやブリ、フグからオオカミウオ、ウスメバル、
大形から小魚までたくさんの注文を頂いています。
平成29年は少し力を入れて加工まで行う予定です。
乞うご期待!




2017年1月22日
新年明けましておめでとうございます。
少し挨拶が遅くなりましたが、年始も恵祐丸は忙しく動いておりました。
札幌の中央市場に初競りのために出かけてきました。
年始めなので輸送業者はお休みですので、自分でトラックを駆って札幌に向かいます。
今年は2年ぶりに札幌イオンへの販売も行いました。
1月13日にはシマゾイの出荷も行われ、これまでにない高値で取引されました。
12月26日に常呂に回航する際に、
湧別魚礁や常呂魚礁で釣り上げたシマゾイやホッケ6尾を
この時まで水槽に泳がせており、
こちらも素晴らしい高値となりました。

近年はブリに代表されるように、今まではあまり見なかった魚が
オホーツク海に増えてきました。
近頃増えてきたと言うことは、できあがったマーケットがないということですので、
平成28年の間は恵祐丸としても手探りの時期でした。
しかし恵祐丸のブリが予想した以上に評価をしていただきまして、
平成29年は本腰を入れて釣りに力を入れていくこととなるでしょう。
一本釣りのブリやタラは網で取ったよりもさらに魚体へのダメージが少なく、
より締まった美味しい身に、手早く活〆を施すことが出来ます。
恵祐丸は今年も釣りに漁にと全力でがんばって参ります。

恵祐丸船頭、船橋恵一


2016年12月26日
サロマ湖の結氷が進み、例年にない低水温に見舞われました。
そのためにいつもはホッケを釣りながら、船を地上に上げるため常呂に回航するのですが
今年は釣りをあきらめて回航しました。
14時30分、すでにサロマ湖の湖口にはアイスブームが設置されていました。
北緯44度10分東経143度47分、先祖の井田家2代目左右一が切り開いたサロマ湖第一湖口をあとにしました。
今年はたくさんの方が乗船していただけまして、ありがとうございました。
また来年3月から青ゾイ釣りを始める予定です。
ぜひ来年も恵祐丸の釣りをよろしくお願いいたします。
船頭 船橋恵一





2016年12月16日
うねりが強い状態だったものの、島田さんとタラ釣りに出ました。
沖合にはタラの姿が無く、また魚礁にもタラの姿が見えません。
今日の釣果は30本ちょっと、中ダラが15本に小ダラが15本と言ったところです。
大きなタラは札幌中央市場に出荷し、
残りは北見の居酒屋に送られます。
水温は1℃しかなく、おそらく今年のタラはこれでおしまいとなります。
次回、ほっけ釣りに挑戦して、恵祐丸の釣りは年じまいとなる予定です。
最後はいけるかどうかわかりませんので、
今年乗船してくださった多くの釣り人の皆さん、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。



2016年12月15日
吹雪の天候が収まったために、床丹川に釣り人が押し寄せてきました。
今年は11月27日氷が張り、今までに例がないほど早い結氷です。
数日来の大潮で潮回りも良かったせいか、
大きなチカがどっと押し寄せてきました。入れ食い状態です。
数日後には釣り人で一杯になっていることでしょう。



2016年12月13日
微細水の水槽で畜養されていたフウセンウオが、
全国の水族館に旅立ちました。
水温の低い中で網の中に入っていたフウセンウオは、
体の安定を図るため1週間ほど水に慣らしていました。
水温は3℃に保たれ微細水と酸素を使い飛行機に乗って出発していきました。
三重県の鳥羽水族館、新江ノ島水族館、登別アクアパークニクスに向かって今頃旅の途中です。
無事に届くように願っています。



2016年12月12日
恵祐丸の湯通しガキの水揚げが最盛期を迎えています。
地元北見の居酒屋さんに卸され大好評です。



2016年12月8日
我が家のショベルカーのうち、
古い方の一台、WA70-1が札幌に旅立つこととなりました。
25年間我が家の経営を手助けし続けてくれたがんばり屋です。
ありがとう、感謝の気持ちで見送りました。


2016年12月6日
底建て網を起こしたあとに釣りに行く予定でしたが、
あいにくの猛吹雪のために釣りは中止しました。
キタツノモエビやスナエビがたくさんかかっていました。
昨年12月に発見されたボタンエビの稚魚もこの中にも混ざっているのでしょう。
今日も網の中にフウセンウオが入っていました。
水族館ではマメダンゴウオを欲しがっているのですが、
今のところフウセンウオばかりでダンゴウオは一匹しか見つかっていません。
水温三度の微細水の中でフウセンウオは水族館に送られるのを待ちます。


2016年12月4日
先日までの大時化がうそのように海が凪ぎました。
網走の釣り船はほとんど釣りを引き上げてしまい、他の船は3隻程度でした。
この日は暖かく、魚礁の縁では岡田さんがトリプルでタラを釣り上げ、
こんなに釣れるものかとびっくりしていました。
前半不調だった山本さん、鈴木さんも大物を次々に釣り上げていきました。
山本さんの釣り上げた大物は全部タチが入った雄で感動ものです。
天候の悪い日が続く12月ですが、
またもし機会があったらタラを釣りに行きましょう。




2016年12月1日
漁の帰り道に常呂魚礁にてタラのアタリがありました。
残念ながらこのタラはメスだったのですが、札幌市場では高値で取引されました。
若干タラが岸側に移動している節があります。



2016年11月27日
タラ釣りに出かけました。
11月はあまり良い結果が出なかったので今回もあまり乗り気ではなかったのですが
早坂さんのチームが今年オホーツク海最後の釣りに出たいとのことで
船を出すことにしました。
全部で160本。
前回全く釣れなかった渡辺さんが、今回は良い形のタラを3本釣り上げ
前回不調だった美馬さんもクーラー釣りをしました。
早坂さんは今日も大物を釣り上げてタチを小分けしてあげました。
さすが早坂親分です。
全体的には小振りなタラが多かったものの
腕利きの皆さんがこれこそオホーツク海のタラ釣りというところを見せてくれました。
来週から日本海のヤリイカ釣りに出かけるようですが、
皆さんの良い釣果を願っております。
今年一年ありがとうございました。





タラ釣りに行った日と同じ2016年11月27日
17:30分、底建て漁に出ました。
翌日が大荒れの天気になるとのことで、今行かなければしばらく網を起こせません。
潮が止まっていたものの何とか網を起こすことが出来ました。
最後の網に手をかけた頃にはすでに海が大荒れで、
疲れていたもののタイミング的には行って正解でした。
能取海脚に潜んでいる2s台のクロガレイが大量に上がってきました。
いよいよ漁もおしまいという頃にこの大物たちは網に入ってくるようになります。
漁が終盤にさしかかっています。
今回もホテイウオが10匹網に入っていました。
10匹のホテイウオは水槽の微細水の中で元気に出荷を待ちます。









恵祐丸の底建て漁が終盤を迎えています。
今年もフウセンウオの姿が見られるようになりました。
11月23日には茨城県大洗水族館から2名の方が来られました。
昨年12月の末、底網にかかったフウセンウオが大洗に送られました。
フウセンウオは一年魚で、子供を産んだらその一生を終えます。
現在40匹の子供たちが観賞用として大洗水族館に展示されています。
その子供たちの繁殖相手として新しいフウセンウオが必要になったというわけです。
この日は11匹のフウセンウオが網に入っていました。
単に水から上げただけではダメで、恵祐丸に置いた水槽に移して、
空気を分解した微細水にしばらく置いて体を慣らさないと死んでしまいます。
この日の前に確保して置いたフウセンウオと合わせて、
無事18匹が生きたまま大洗に送られました。
現在オホーツク海の水温は5.5℃。寒流の水で育ったフウセンウオは、
800q離れた大洗の暖かい水の中でも無事卵を産みました。
素晴らしい生命の神秘ですね。
北緯43度06分東経143度45分、オホーツク海の中部海区であるサロマ湖から、
はるばる旅だった魚たちが、全国の子供たちに笑顔を届けます。




11月20日
早坂さんのチームが来てくれました。
潮の流れが穏やかで、最高の釣り日和でした。
能取海脚全体を巡ってみたものの、魚自体が少ないようで、
小振りな個体が多くあまり良い釣果にはなりませんでした。
しかし早坂さんは大形のタラを釣り上げ、
しかも仲間にタチを小分けして大判振る舞いです。
そして藤井さんと牧さんは根性でタチ入りのタラを数本釣り上げました。
あきらめない気力の勝利、お見事です。


11月19日
岩村さんのチームが乗船してくれました。
この日は常呂魚礁から釣っていきました。
ホッケやシマゾイ、タラに青ゾイなど若干の釣果がありました。
能取海脚の沖側には小ダラが居ました。
しかし大形のタラがおらず、早めの切り上げで帰ってきました。



11月13日
タラ釣りに出てみました。この日は凪が良く条件は良かったものの、
能取海脚全体にタラが見えない状態に思えました。
合計で60本ほどの釣果でしたが、中小が多く、みなが満足するだけの量ではありませんでした。



2016年11月5日
朝まで大時化の日でしたが、朝凪のわずかな隙を見計らって船を出しました。
うねりは高かったものの、潮は案外楽だったので網を起こすことが出来ました。
大量のカレイがかかっていてこれは船を出して良かったというものです。


2016年11月4日
湖内の雑定置網を上げたところ、
大量のクリガニが入っていました。
我が家の飼い犬ハナもびっくりです。



2016年11月3日
タラ釣りに出かけました。
この日は潮が止まっているせいか、釣果は今ひとつでした。
6人で70本ほどの成果になりましたが、小振りな個体が多かったです。


2016年10月26日
常呂・オホーツク海にて。
キタツノモエビの姿が見られるようになりました。
海水温が下がり、オホーツクに冬の到来を感じさせます。

今年は小振りながらヒラメが良く網にかかりました。


2016年10月16日、カレイ釣りに出かけました。
潮の流れが早くあまりいいスタートではなかったものの、
10時過ぎには潮が止まってクロガシラが掛かりました。
久々に近藤さんが乗船してくれました。
すると30枚を越える釣果でさすがです。
潮が止まればカレイが釣れるのですが、
潮が早いと腕が良くてもやはりかかりません。
ここはどうしても運が絡むところです。
皆さんいい笑顔!




10月11日。今年、恵祐丸の底建て漁での最初の水揚げがありました。
日本海から南下してきたふぐが大量に水揚げされ、
恵祐丸だけで1トン以上の量がかかりました。
またこの日は太平洋の黒潮に乗って北上したクロメダイが二本あがりました。
クロメダイは黒潮の流れのまま東京湾を経て釧路の沖までやってきます。
そこからさらに長く長く泳ぎ続け、太平洋を通り抜け、納沙布岬を越えて
ようやっとここまでやってきたのですから、何ともすごい生命力です。
また同時に、東シナ海から北上したシイラが水揚げされました。
シイラは50年ほど前からたびたびオホーツク海でもとれてはいますが、
2000q以上もの距離を黒潮に乗って北上してくるのです。
広い海の中をよくぞここまでやってくるものだと感慨を受けます。








9月25日、潮の流れも良く、絶好の釣り日和なのでカレイ釣りに出かけました。
札幌から来られた今井さんは大形の真ガレイを釣り上げました。
この日は置戸チームが絶好調でした。


女満別の池田さんはこの日幸運にも、1s越えのカレイを70枚も釣り上げる名人ぶりでした。
池田さんは知床でサケを24本も釣り上げ、恵祐丸ではカレイも最大級を上げてと、
今年は池田さんの年とでもいうべきすごさです。
次はタラ釣りにも挑戦するそうです。


9月13日、サケ釣りに出てみました。
しかし網にはサケがかかっているものの、釣り針にはいっこうにかかりません。
大手さんは巨大なブリを釣り上げ、沖では大物だらを数本釣り上げるツキっぷりでした。
佐藤さんは80メートルで大きなマガレイを釣り上げ、
山下さんはウサギアイナメを釣り、他にもタラを20本釣り上げ絶好調です。


8月28日には旭川のチーム早坂所属の牧さんがシマボッケ(キタノホッケ)を釣り上げました。
早坂さんは大物6本を釣り上げ、見事な腕前を振るってくれました。
山本さんも負けず劣らず大物を釣り上げ、対決は甲乙付けがたいものとなりました。


夏はマスが大漁でした。が…
9月28日、カラフトマスはすっかり姿を消しました。
ようやくアキアジがメインの時期になったようです。



サロマ湖の湖口近くに仕掛けた定置網に、今年もヒラメが紛れ込んでいました。
宗谷暖流の流れに乗って日本海から南下してきたものだと思われます。
20pほどの大きさだったため逃がしてあげました。



8月11日
タラ釣りに沖に船を出して見ました。
天気は晴れですが思ったよりも波が高く潮が早く
小潮の二回潮にもかかわらず大変早い潮で参りました。
船頭と息子の他に、宇野会長さんと柳原さんが乗船しいざ出港です。
潮が早いにもかかわらず、ホッケがどんどんかかるのに驚きました。
前日までの調査ではタラがいないという情報だったので、
実際に行ってみればタラの入れ食いぷりに皆笑顔でした。
この日は赤の毛針を使用しました。
ジグに対抗した仕掛けを考案中なのでテストしてみたところ、
ジャンボばかりかかりました。
札幌中央市場ではお盆も近いせいか、
この夏最高の高値が付きました。
グレードを高めるために、釣り具の総合問屋アイビックに相談しながら、
次々に新作が試されています。
こうご期待!



サロマ湖では今稚貝の取り組みがピークを迎えています。
昭和9年に木下虎一郎博士がホタテ貝の特性である足糸の発見をされてから、
すでに80年あまりが過ぎました。
温暖化も手伝い、今年のホタテは最高の成長率で育っていきます。
5月初旬に産卵したホタテ貝はすでに1pの大きさに達しています。
おそらく来年5月の放流では、史上最大の大きさのホタテ稚貝が放流されることになるでしょう。



8月に入り、サロマ湖内でもマスが捕れるようになってきました。
水温が23℃もあるのですが、良く湖内に入ってくるものだと思います。
外海に大量にいるブリがサロマ湖にも入ってきて、
捕れるのはブリばかりと言う状況に困っていました。
大雨で河川が氾濫したことで、サロマ湖に大量のゴミが流れ、
潮の流れも早くなり厳しい状況が続きます。
8月5日、大潮の二回潮でサロマ湖のゴミはオホーツク海に流れて
湖内はようやく綺麗になるでしょう。


7月31日は五目釣りに出かけました。
今は幻のキタノホッケ(シマゾイ)が数本。
ヤナギやタラは釣れるものの、青ゾイの釣果は少なかった。
近藤さんが来てくれたことで、タラの餌釣りの仕掛けを試してみました。
近藤さんの作った仕掛けには、大物がかかる手応えを感じました。
秋のタラ釣りに向け新作の仕掛けをどんどん考案していきたいと思っています。





7月19日はタラ釣りに出かけました。
佐藤さん一行も同乗することになり、ちょっとした団体で出発です。
しかしこの日は潮が早く、至るところに潮目がありました。
8時頃までの間に、菜っ葉原で大物をおよそ釣ってしまいました。
前回のタラ釣りのような大漁では無かったものの、まずまずの成果でした。
佐藤さんはウサギアイナメを5本も釣り上げ満足そうです。
他の皆さんもなぜこんなにウサギアイナメが釣れるのか不思議がっていました。
この日も上がったタラやウサギアイナメ、ヤナギノマイは、
札幌中央市場と北見の居酒屋に卸されました。





7月16日は東旭川釣りクラブの皆さんに来ていただきました。
この日は大会形式でカレイ釣りを行いました。
大会は三枚のカレイを並べて全長の合計を競うレギュレーションです。
この日は凪も良く潮も良かったのですが、それほど釣果には恵まれませんでした。
しかし大形の個体が良く掛かり、全体的に大きめのカレイが釣れました。
優勝は合計1メートル7pの河西さん。
2位には幹事をされている桑原さんが1メートル6pで大接戦となりました。
一番の大物賞には畑中さん。皆さんお疲れ様でした。


また恵祐丸から参加賞が全員に贈られました。
実に20名の方々が参加してとても賑やかな大会になってくれました。
ありがとうございます。

7月17日は五目釣りに出かけました。
人数も少なかったことから深場に向かいましたが、
深場ではほっけが一本しかかかりませんでした。
とはいえ潮の流れも良く、ヤナギノマイが良く釣れました。
川原田さんは狙いの青ゾイは3本程度でしたが、
タラはもちろん、56本のヤナギノマイを釣り上げてさすがの名人ぶりです。



宇野自動車の会長さんを誘ったところ、これまでにこんなに釣れたことはないと
感動なさっていましたようで、船を出した甲斐もあるというものです。
皆さんご参加大変ありがとうございます。


7月13日
凪がいいのでタラ釣りに船を出しました。
沖合は潮の流れが良く、タラが良くかかりました。
大形のタラの群れを追いながら、10時頃まで釣りに没頭しました。
1メートル10センチ、13s、オホーツク最大級のタラといえるでしょう。
後半は小ぶりのタラが多くなってきたので、釣ったタラが悪くなっても困ると港に帰ることにしました。
若里からおよそ25マイル、北緯44度20分、東経144度30分
タラの群れで一杯でした。
釣ったタラは札幌中央市場に出荷し、
北見の居酒屋にも卸されました。

また近いうちにタラ釣りに出かける予定です。



7月10日、カレイ釣りに出かけました。
昨日の潮とは一転して楽な潮になり、快適な釣りになりました。
北緯44度10分、東経144度05分の漁場には、33隻の釣り船が集い
竿の動きに一喜一憂していました。
水温が17.8℃にも達し、カレイが沖合に移動している様子がうかがえます。
温暖化はカレイにも住みにくい環境に変わってきているようです。

たくさんの方々に来ていただきまして本当にありがとうございます。
先日札幌から来られた三井さんを始め医療チームの方々、遠いところ大変ご苦労さまでした。
小バラスと砂泥域には大形のカレイが潜んでいて、
長瀬さんは43pの巨大マガレイを釣り上げ、
旭川チームは47pのクロガレイを釣り上げました。


12回の流しで昼までたっぷりと釣りに浸る時間でした。
30枚から40枚の釣果でしたが、大物カレイが多めということで皆さん満足していただけたでしょうか。
参加してくださりありがとうございます。


7月3日、今年二度目の釣り大会を行いました。
低気圧の接近に伴い海が荒れ、船を出すかどうか迷いました。
案の定波が残る中ですが、決断し船を出すことになりました。
朝9時頃まですごい大波が続くほどで、
現場まで1時間以上かかりましたが、
荒れた海はチャンスでもあります。最高の釣果となりました。

3年連続で大会に参加してくれた岩村さんが、3連覇を達成しました。
5本のタラの重さで競って覇権を決める大会でしたが、
合計34sの大物タラばかりを釣り上げたのです。
岩村さんはカムイの赤金のみでこの見事な釣果を上げました。
いわばカムイの赤金の専門プロなわけです。

岩村さんの優勝に対して、
トロフィーとホッカイシマエビ、それに大形のホタテ貝が贈られました。


鈴木さんは一番の大物を釣り上げ大物賞です。
ホッカイシマエビとメダルが贈られ、
さらに札幌三木製作所の社長のご厚意により
特性ジグをいただきました。






岩村さんのご厚意で、岩村さんが釣り上げたタラをいただきまして、
北見の居酒屋へ卸して料理してもらいました。
見た目にも鮮やかで綺麗なすごいお造りです。
みなさんも北見に行った際はぜひ「ほたる屋」で食事をなさってみてはいかがでしょうか。


札幌から来てくださった今井さん、美唄から来てくださった佐々木さん、
遠いところを来ていただけてありがとうございます。
今回調子が悪く参加できない方もいましたが、
さすがみなさん素晴らしい釣りの腕を振るってくれました。
本当にお疲れ様でした!


ホッケ底建て網が終了間近です。
今年はホッケが全くと言っていいほど水揚げされていません。
ブリやイナダが網の中に入っていることが多く、
連続してマツカワが入っているようになりました。
常呂漁協に水揚げされたマツカワはsあたり1300円の値段が付きました。

マツカワが増えつつあるのでしょうか?
海水温が14℃もあるのに、まだサクラマスの影が見られます。
例年に比べて異常なことです。
温暖化によってオホーツク海はブリばかりが席巻しています。
まだマスやサケは来ていませんが、今年はサケ網にブリも大漁にかかることでしょう。



6月19日、沖合へのタラの移動が確認できたので、
この日はタラ釣りの大会を開催しました。
地元サロマの釣り人の方々に参加していただきました。
沖合には大形のタラが群れをなしていて、
皆さん大物を釣り上げて接戦でしたが、


興部から来てくれた河原田さんが優勝しました。


大物賞には地元、佐呂間町の渡辺秀一さんが
1メートル、8.8sの見事なタラを釣り上げました。
今の時期としては珍しく、ピンク色ながらタチが入っていて驚きでした。

6月20日
底建網の中にメガネカスベがまたもやかかっていました。

立派なメガネカスベです。
今回見つかった卵殻は2つ。この個体が産んだものでしょう。
一度に二つの卵を産むということがわかるわけです。
また、大形のマツカワが3匹網に入っていました。
マツカワは50pまで成長するのに3年かかります。
また体重が2sに達してから産卵を行います。
成長は早いのですが、3年経たなければ産卵しないらしいということが研究されており、
常呂沖の宗谷暖流の漁場で水揚げされた個体です。
マツカワは札幌中央市場で高値が付きました。
マツカワやメガネカスベについてより詳しい記事を載せておりますので、
『豊饒の海』でぜひよろしくお願いします。

さらにイナダが網の中に入っていました。
このイナダは活締めして我が家の食卓に上りました。
とても美味しい!
新鮮なイナダだけに、活締めをするとさらに味が引き立ちます。


6月26日は大会の予定だったのですが、時化模様だったので中止しました。
25日は青ゾイの様子を見るために沖合に出てみました。

波が荒く早めに帰ってきたものの、青ゾイやほっけの当たりがありました。
青ゾイは北見の居酒屋、『ほたる屋』へ出荷されました。


6月15日には青ゾイ釣りに出てみました。
小振りの青ゾイが多い中、25本ほどの青ゾイを釣り上げました。
大形の青ゾイは地元北見の居酒屋
『ほたる屋』の料理長が
美味しいお造りにしてくれます。
他にタラが40本ほど上がり、
大きなものを選んで札幌中央市場へ発送しました。



6月12日
カレイ釣りに出かけました。
この日はあいにく天候が悪く、波のうねりが大きく大変でした。
10隻あまりの遊漁船が出ていましたが、
どの船も波の高さに苦戦していたようです。
私たちは、沖合にあるバラス目のクロガシラを狙うことにしました。
前回よりも少し数は減ったものの、近藤さんも山本さんもさすがの腕を見せてくれました。
大形のカレイを70枚釣り上げお見事です。





6月5日、青ゾイ釣りに出かけました。
水温が11℃に達したことで青ゾイを狙えるようになったのです。
この日は天候が悪く、一度は中止も考えたのですが、
明け方に天候が良くなったように見えたので船を出すことに決めました。
入れ食いとは行かないものの、ぽつぽつと魚がかかります。


中でも島さんは最初からすごい勢いで竿が揺れ続けます。
2時間あまりの間に、ホッケも青ゾイもオヒョウも見事にヒット
ぶっちぎりの釣れっぷりです。

皆驚きの表情でした、が
あいにく2時間を過ぎると船酔いがひどくなり
釣りを中断して休むことになっていました。
オヒョウは90pあったことから、産まれてから12年経つ個体だと思われます。
オホーツク海の中でもオヒョウはどこででも繁殖しているわけではなく、
能取岬から25q、北に伸びる形で北見大和堆が100q以上に渡って伸びています。
そのさらに延長線上、150qにある北見海底谷が
オホーツク海のオヒョウの生まれ故郷なのです。
一帯のオヒョウは能取岬で産卵する習性をもち、そこから紋別海脚に移動する途中だと思われます。
5月には底建て網にしばしばオヒョウの水揚げがありました。
『豊饒の海』でも詳しい解説をしております。


6月の始め、風がやみ潮が止まる日があり、
カレイが溜まっていると見た場所にカレイ網を刺してみました。
これが上手く当たり、次々とカレイが巻き上げる網にかかって飛び出してきます。
中には48センチにも達する大形の真ガレイがかかることもありました。
真ガレイの大豊漁は常呂沖の砂森漁場から河口域にかけて良くかかります。
こちらも『豊饒の海』でより詳しい解説があります。








6月に入り、恵祐丸は豊漁が続いています。
底建網の中に大きなメガネカスベが三枚も入っていました。
同時に三つの塊も見つかりました。
この不思議な形の塊はカスベの産んだ卵殻です。
カスベはサメとエイの中間のような生き物で、
サメは卵生、エイは胎生なのに対して、
エイとほぼ同じ姿なのですがこのように卵を産むのです。
メガネカスベは『豊饒の海』でも解説しておりますので、
是非この機会にお求めくださると幸いです。
カスベが網の中で産卵するのは漁師を続けて始めてのことで、
水温が11℃を上回り産卵に適した環境になったのでしょう。





ホタテ稚貝放流という、毎年の一大イベントも無事終わりましたが、
沖の状態が気になり釣り船を出しました。
川原田さんと一緒に沖に船を向けます。
釣果はあいにく青ゾイが10本でしたが、
幸運にもほっけは30本近く上がり、
タラは20本ほどになって、まずまずの釣果になりました。
青ゾイは北見の居酒屋、
『ほたる屋』で
新鮮な刺身として提供されました。
『ほたる屋』では恵祐丸のニシン、ほっけ、ソイ、オオカミウオなど
北見ではちょっと名の知れた料理長、山田さんの手で
様々な食材が料理になって振る舞われています。
皆さんも是非一度行ってみてください。





5月29日、前浜のカレイを釣りに出かけました。
待ちに待った釣りだけに、皆さん道具に気合と工夫が込められています。
北西の波がありコンディションはそこまで良くないものの、
皆さん最後まで賑やかな釣りとなりました。
代表として川原田さんと長瀬さんを紹介します。
小さい魚をリリースしつつ、
長瀬さんは150枚、川原田さんは200枚近い釣果を遂げました。
他の皆さんも負けず劣らず素晴らしい釣果ばかりです。
次回はまだ予定ですが、釣りの大会を行いたいと考えています。








2016年も4月に入り新年度となりました。
学生や社会人たちの新しい門出にも、恵祐丸の美味しい魚を届けたいものです。

3月の中頃、港の氷を漁港所属のクレーンがたたき割り
ようやく開いた港へ漁船恵祐丸が下ろされました。
巨大な吊り下げ車でこのように船ごと持ち上げて、
海の上にそっと下ろすのです。
毎年のことではありますが、何とも壮観な光景です。


海明けはニシンを狙う時期です。
平成28年は3月18日にニシンの初水揚げがありました。
海明けのこの頃に産卵のためニシンは移動し、
産卵しやすいその時を今か今かと待っています。
漁師たちはそれを狙ってニシンたちがいつ来るか
どこに来るかを必死になって予想し、網を仕掛けます。

今年のニシンは感覚的には氷が綺麗に引いたのと同じ頃に
ざっと勢いよく押し寄せてきました。

銀ぴかのニシンを大中小と振り分けて
キッチリと重さを分けて港に送り出します。
産卵直前のニシンたちは卵と白子をぎっちりと溜め込んでおり、
この時期が一番高値が付くわけです。

選りすぐったぴっかぴかのニシンに
活締めを施せば
どんな魚にも負けない旨味が引き出されます。
札幌中央市場に出荷された活締めニシンは、
高いときには1s899円にもなりました。
ニシンの恵みはもう少し続くはずですが、
時化が続くため沖に出られずにいます。
このままだとニシンの産卵が終わり、お腹がへこんだニシンになってしまいます。
とはいえニシンも産卵のために来ているわけですから
この雨で新しいニシンの子供たちが大勢生み出されるので良いことです。
変わらず日本の味としてニシンが食卓に並ぶ日が続いてくれると良いですね。





2016年も2月を過ぎ、貯蔵していた活ガレイの在庫も
ようやく底をつき始めました。

今回は11月に一本釣りで釣り上げたカレイを
じっくり寝かせて取っておいたものです。
半冬眠のような状態で保管されていたため
やせ細ったり味が落ちたりと言うこともありません。
海から揚げたままの大きく美味しいクロガレイをそのまま届けることが出来ました。



凍り付かないよう十分温度調整した水槽で
元気に活きたままのクロガシラガレイです。
当然ながら味は新鮮そのもの。
冬の間も美味しいカレイの刺身や寿司が食べられるのです。

平成28年2月11日〜14日にかけて
網走では市を上げて『流氷祭り』が開かれます。
数日かけて行われる大きなイベントで、相当な力が入っています。
網走でももちろん様々な良質な特産品を作りたいと常々考えていますので、
中でもオホーツク海のクロガシラは
質も良く大きく、捕れる量も十分で、特産として有望な候補の一つなわけです。

クロガシラ、クロガレイの刺身の美味しさを、
この機会に網走に訪れる人々に知ってもらおうと
活魚を扱う網走の料理店は腕をうずうずさせているのです。

恵祐丸のカレイももちろん流氷祭りに合わせて出荷を行います。
オホーツク海の生のカレイの美味しさを
多くの方々に知ってもらうためにも
恵祐丸はがんばって参ります。



1月5日、札幌中央市場最初のセリが行われました。

新年最初が肝心と、恵祐丸も初セリに合わせ
最高の魚を揃えて中央市場に揚々と出かけました。

船頭が熟練の技術で活〆を施したクロガシラガレイ。
美味しくないはずがありません。
十分な注意を払って、最低減の包丁を使い
必要なだけの傷しか与えていないため
繊細な活魚の味がしっかりと引き出されています。
道中吹雪いたものの、無事札幌市場に到着できました。
内外から高い評価を頂き、ありがとうございます。
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。


12月26日。
恵祐丸の今年最後のカキ上げが終わりました。

常呂漁協のセリの締めが行われ、今年も滞りなく業務を終えることが出来ました。
底網を上げきったのは12月中頃でしたが、
本当に漁の最後になって、ホテイウオがわずかに網にかかりました。

ホテイウオは見ての通り可愛らしいコロコロした魚です。
この魚は水温が極端に下がり、まさに真冬と言った気温になって
ようやく掛かり始めるのが毎年恒例となっています。
しかし今年は台風が多く、漁の機会自体が少なめだったことと、
温暖化の影響か本当にこの最後の漁になるまでかかってくれませんでした。
可愛らしい見た目から隠れた人気があるようで、
ホテイウオたちは大洗の水族館へ送られることになりました。
現在は餌付けをして人にならしているとのことで、
2016年1月の初旬に大洗で公開されるとのことです。

11月21日。今年2015年では初めて、
大量のイカの群れが網に入りました。

21日に釣りに出た際、沖合では大きな波のうねりを感じました。
その波に何らかの予感を覚えた恵祐丸では、
これはと思い牡蠣上げの予定を変更して船を出しました。
すると予感はぴたりと当たったのです。

木箱にたっぷり詰めたぴかぴかのイカが200箱以上にもなる大漁です。
獲れたてのまだ生きたイカのおいしそうなことと言ったらたまりません。
船を出した甲斐があるというものです。


10月23日、クロガレイの大移動が始まりました。
水温が12℃台に達し、稚内に向けて産卵のためにカレイの群が押し寄せます。
この日は700sを越える水揚げとなり、今年初めてのカレイ大漁でした。
11月2日にはイカのまとまった水揚げも見られました。

例年にないほどの時化続きで、なかなか漁に出ることが難しく
恵祐丸もまんじりとしない夜を過ごしておりましたが、
おかげさまで例年にない水揚げとなり
常呂市場はカレイで破裂せんばかりとなりました。


このカレイ漁は12月10日まで続きます。
豊漁を願いつつ、冬も恵祐丸は突き進んで参ります!








第八恵祐丸に搭載のエンジンは強力!
ヤンマーディーゼル製800馬力の新エンジンで、迅速安全に漁場へと到着!
さらに高性能魚群探知機、探見丸対応FCV1150で
素早く魚群を見つけ出します
より進化した第八恵祐丸を体感なさってください!

☆新造船と最新機器で安心安全☆漁師として豊富な経験・実績の船頭とオホーツクの大物釣りへ!!

あなたは 

番目の訪問者です。

水行社協力・第八恵祐丸制作
オホーツクの漁師の歴史と現在を綴ったフォトストーリー・ブック
『豊饒の海』
現在好評発売中です!

詳しくは上の写真をクリック!
またはこのトップページ下のリンク
『※豊饒の海』からどうぞ。


7月。漁に出た折のこと、サロマ湖の上を鯨が漂っていました。
腹を向け、すでに腐敗が始まっています。
潮に流されて芭露の海岸に行き着いたとのことです。
5メートルほどの、赤ちゃんの鯨だと思われます。
母親とはぐれたのか、理由はわかりませんが、
もの悲しい光景です。
オホーツクの海は豊かな資源を宿すと同時に、
厳しく激しい自然の戦いの場所でもあるのです。

6月1日
ホッケの底網漁が本番を迎えました。
大形のホッケがまとまって水揚げされるようになり始めたわけです。
船に一杯のホッケの中には、
わずかながらオヒョウとアカガレイの姿もありました。
かつてサロマ湖周辺では絶滅したはずのアカガレイが
再び戻ってきてくれたのかも知れません。
またアカガレイ釣りが楽しめる日がやってくればと願います。


おかげさまで今年もニシンは大漁でした。
我が家の愛犬ハナもニシン漁のお手伝い(?)です。
今年も大漁を祈願し、恵祐丸は精一杯がんばって参ります。



活〆とは近年開発された魚の処理方法です。
平たく言えば魚を手早くかつきれいに脱血させることで、
単純に味が良くなり、刺身にするには最高の状態になります。
さらにかつては食用に適さないとされていたり、味が劣るとされていた魚に関しても
活〆を施すことによって美味しく食べられるようになったのです。
恵祐丸で活〆を施された魚は、札幌市場にも出荷され高値で取引されています。
ニシンは繊細な魚ですので、活〆の際も1,2の呼吸が大切。
16度の水温で約1秒、これがもっともニシンに適した活〆手法といえます。




ホッケは近年評価がぐんと高まっている魚です。
活〆が行われるようになったことで、
ホッケの本来の美味しさが少しずつ広まってきたわけです。
刺身としての歯ごたえがあって脂ののった味を
一部の寿司店ではすでに味わえることと思います。
もちろん皆さん見慣れた、開きホッケの味も活〆によってぐんと美味しくなりました。



ホームページの更新は多忙につき
不定期・もしくは月ごと程度の頻度となりますが
どうかよろしくお願いいたします。


見たよーなど感想をいただけるとうれしいです(^▽^)



更新情報(What's new)
2017/06/18
トップページを更新しました。
2017/06/06
トップページを更新しました。
2017/04/07
トップページを更新しました。
2017/02/11
トップページを更新しました。
2017/02/10
トップページを更新しました。
2017/02/03
トップページを更新しました。
2017/02/02
トップページを更新しました。
2017/01/28
トップページを更新しました。
2017/01/22
トップページを更新しました。
2016/12/29
トップページを更新しました。
2016/12/16
トップページを更新しました。
2016/12/06
トップページを更新しました。
2016/12/05
トップページを更新しました。
2016/11/29
トップページを更新しました。
2016/11/25
トップページを更新しました。
2016/11/21
トップページを更新しました。
2016/11/05
トップページを更新しました。
2016/10/22
トップページを更新しました。
2016/09/28
トップページを更新しました。
2016/08/17
トップページを更新しました。
2016/08/05
トップページを更新しました。
2016/07/22
トップページを更新しました。
2016/07/18
トップページを更新しました。
2016/07/14
トップページを更新しました。
2016/07/11
トップページを更新しました
2016/07/04
トップページを更新しました。
2016/06/25
トップページを更新しました。
2016/06/17
トップページを更新しました。
2016/06/10
トップページを更新しました。
2016/06/01
トップページを更新しました!
2016/04/17
トップページを更新しました
2016/03/01
トップページを更新しました!
2016/01/29
トップページを更新しました!
2016/01/19
トップページを更新しました!
釣り情報を更新しました!
2015/12/30
トップページを更新しました!
釣り情報を更新しました!
2015/11/22
トップページを更新しました!
2015/11/15
釣り情報を更新しました!
2015/11/11
トップページを更新しました!
釣り情報を更新しました!
2015/05/09
トップページを更新しました!
釣り情報を更新しました!
『豊饒の海』を更新しました!
2014/06/13
トップページを更新しました!
釣り情報を更新しました!


※第八恵祐丸の営業案内(船舶情報)
 隣の人を気にしながらの釣りでは楽しさも半減してしまいます。
 余裕を持った大きな船体で安全安心。


※釣り情報
 自然界にある海、その状況は刻一刻と変化し続けています。
 そうした変化に対応した旬の情報を発信します。


※写真館
 第八恵祐丸の船頭は数々の賞を受賞した一流のカメラマンです。
 その技術で大物を釣り上げた時の興奮を一枚の写真に収めて公開します。


※オホーツク海No.1
 一流の漁師は常に海と向かい合い、海のことを知り尽くしています。
 だからこそ大物狙いの穴場、旬の魚を釣り上げることができます。


※特典
 第八恵祐丸では漁師ならではの特典もあります。


※詳解
 広い海のなかで魚との戦いにはまず船頭の腕が問われます。
 船頭自身の絶対の自信は確たる実績に裏打ちされています。




※豊饒の海
船頭が自信をもってお送りする
オホーツク海の過去現在を凝縮した
フォトストーリー・ブック。




このホームページに関するご意見・ご感想などはこちらまでお願いします。
Copyright (c) 2009.Daisuke Hunahashi

inserted by FC2 system